高校生の時に、椎間板ヘルニアになりかけた経験

私は過去に腰痛に苦しんだ経験があります。

今から20年くらい前の話です。

高校1年生の時に、走り幅跳びをした時に、腰を痛めてしまったのです。ほっとけばそのうち治ると思いましたが、なかなか痛みが取れませんでした。

特に、背中を後ろに反らすと痛みました。それで、整形外科に行きました。すると、走り幅跳びではなく、姿勢が悪いので腰痛になった、と言われました。

それで、電気治療をしてもらうと共に、姿勢も正すようにしました。確かに私は猫背で姿勢が悪かったので、それも影響していたかもしれません。

スポーツは激しくなければしてもいいと言われたので、時々していました。3か月くらい通院を続けました。でも、なかなか治りませんでした。

すると、医者が、MRIを取るように勧めてきたので、MRIを取ってみました。

結果、椎間板の一つが少しだけはみ出ていることが分かりました。ただの腰痛ではなく、椎間板ヘルニアになりかけている、ということでした。

それが分かってから、スポーツは控えるようにして、牽引の治療も行なうようになりました。

その後、ようやく、少しずつ症状が改善していくようになりました。3か月くらい経って、ほとんど痛みはなくなり、治療を終えました。

今思うと、担当した医者はあまり良くなかったと思います。

最初、スポーツをしてもいい、と言っていたのも間違いでしたし、MRIを取るタイミングも遅すぎました。おかげで、治療にかなり時間がかかってしまいました。

腰痛はほぼ治りましたが、その後の数年間は、ちょっとしたことで腰が痛くなっていました。

例えば、スポーツをしたり、長い距離を歩いたり、重いものを運んだり、長時間座ったりするとです。また、腰が急に痛くなったと思ったら、そのすぐ後に高熱が出たりする、ということも良くありました。

腰痛が体調を崩す前兆となっていた訳です。一度腰を痛めたことが関係していると思います。

今は、腰を痛めてから20年近く経ちました。腰の状態がかなり良くなってからは、定期的に、腹筋と背筋をするようにしてきました。

その成果もあってか、今ではほとんど腰が痛くなることはなくなりました。でも油断は禁物です。

特にこれから年を重ねて老化していくと、腰を痛めるリスクはどんどん増えていくでしょう。

それで、引き続き腹筋と背筋を鍛えると共に、腰を痛めないように気を付けていきたいと思います。

腰は、身体を支えている要ですので、それを痛めてしまうと、生活が本当に大変になってしまいますから。

自分にとって角界な腰痛

私は、学生の時からパン屋にてアルバイトをしている物です。

早朝から、重い鉄板や大きいボールなど持ち歩く事がとても多いのです。

パンが焼き上がったら、表に出します。

その時、勿論の事、あの重い鉄板で持って行きます。

毎日ですので、時には腰が痛いと言う仕草を見せていた時もあります。

お店が定休日の時は、社会人のサークルで硬式テニスをしています。

もう毎日、体を使っていました。

ある日、アルバイトでパンを鉄板で運んでいる時、電気が走る様な痛みが腰に来たのです。

もう、その時、冷や汗をかきました。

何が起こったのかもう頭の中がパニック状態になりました。

アルバイトが終わってすぐに、家の近所の整形外科に駆け込みました。

結果は、まさかのヘルニアでした。

スポーツをしている方々や、私の様な重い物を運ぶ仕事をされている方々に多く見られる病気だそうです。

医師からのアドバイスは、一週間程アルバイトとサークルにてしていた硬式テニスは禁止と頂き、アルバイトは違う物にした方が良いとの事でした。

ヘルニアになるこの日までは、与えられたお仕事に一生懸命になっていました。

それが突然、腰に支障が出て、もうショックでなりませんでした。

暗い私の顔を心配したのか、医師からリハビリをして一日でも早く今のお仕事に復帰させて行く方法もあるよと言って頂きました。

その助言に私の心は晴れて、その日からリハビリを始め、ヘルニアと付き合って行く日々が始まりました。

アルバイトとサークルの硬式テニスも寂しいですが、腰痛を一日でも早く治し、復帰が出来る様にする為、一週間お休みをする事にしました。

お休みをしている一週間は、リハビリの為、通院したり、病院ににて教えて頂いたケアのやり方を自宅で行ったりと努力をしていました。

時には歩く事もしんどい位、痛みが激しい時も勿論の事、ありました。

ヘルニアはこんなにも厄介な病気なのかと驚きが隠せませんでした。

身内でぎっくり腰や私がなったヘルニアに悩んでいた人がいました。

その時は私自身、腰痛になった事も悩んだ事もありませんでしたので、その悩んでいる人達の苦しみや辛さが今回、初めて経験して分かりました。

その後、一週間の休みとリハビリを終え、コルセットを購入し、アルバイト、サークルに復帰する事が出来ました。

アルバイトにて重い物を運ぶ際にはコルセットを着用して作業をしました。

気持ち、凄く楽になり、嬉しいの一言しか出ません。

勿論、腰痛は一度なってしまうと、時には再発する事もしばしばあります。

この先も今のアルバイト、サークルも継続したいので、毎日のケアと、腰痛と上手く付き合える様にして行こうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です