腰痛解消の決め手となったグッズは椅子の背もたれクッション

ずっと座りっ放しの生活を続けているといつしか背筋が衰え、その影響がもろに腰に来る様になります。

背骨と共に骨盤も長時間真っ直ぐ維持する事が難しくなり、次第に後方へと飛び出し、きつい腰痛の原因となってしまうのです。

これを防ぐ為にはだらしなく椅子に座り続けるのを止め常に背骨を真っ直ぐ維持する意識付けが重要となってくる他、最低でも1時間に1回は椅子かた立ち、軽い運動やストレッチを下半身メインに行う必要も出てくるでしょう。

私自身ここ数年のデスクワーク続きで確実に背筋が衰えたのを感じ、またそのせいで骨盤まで歪み腰痛も起き易くなったと実感しています。

椅子から立ち上がる事自体大きな困難は伴わないのですが、段差のきつい階段を上り下りする際真っ先に腰に鈍い痛みが起こったり、軽く下半身にひねりを加えただけで腰にビリっとした痛みが走ったりします。

休日であれば椅子への長期間拘束から解放され、精神的にもリラックスして歩き回れますから腰痛もそれ程気にならなくなるものの、今後これ以上症状が酷くならないとも限りません。

経過観察やストレッチ、マッサージといった対処療法も確かに重要ですが、それ以上に現状の椅子に座ったままで起こるデメリットの改善に努めなければならないでしょう。

一つ私が対策として取り入れているのが腰痛防止サポーターの着用。骨盤や腰椎を強力に締め上げる事により腰痛の原因となる歪みを解消するというものですが、確かに着用すると椅子に長時間座った時の疲労感も減り、かなり楽に感じる事は確か。ただそれでも若干の不満は残っていたもので、更なる便利アイテムは無いものか、としばらく継続して探し続けていたものでした。

しばらくして通販サイト経由で発見したのが、直接椅子の背もたれに置いて使うシートタイプの腰痛対策クッション。

低反発タイプの素材でフィット感も抜群に良く、長時間のデスクワークでも無理の無い背骨のS字カーブ維持をサポートしてくれ、背筋痛やそれに続く腰痛を防いでくれます。

正直最初の頃はそれ程の効果を期待していた訳では無く、腰痛サポーターの補助として、また椅子の背もたれが汚れるのを防ぐ目的をメインとして購入したのですが、実際設置して使ってみると、果たして背中を真っ直ぐ維持するのが非常に楽になり、背筋や腰の痛みも気にならないレベルにまで減っていったのです。

もっと早くこの商品の存在に気付くべきだったのですが、時期はどうであれ結果的に辿り着けたのだから万事OK。

今では同じ製品を1個追加購入し、自宅と職場のデスクで愛用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です