高反発マットレスを使って睡眠を快適にする方法をAitaliが解説

北風の音や部屋に入る寒気など、眠れない要因が増えてくる冬の季節。
些細な物音で目が覚めたり、布団が寒くて目が覚めたりした後に必ず寝返りを打つものですが、冬の布団では掛け布団が重くて寝返りが打ちにくいというデメリットがあります。せめて、寝返りの打ちやすいマットレスであれば、冬の睡眠も快適になるはず。そこで、寝返りのしやすさといえば、どのようなマットレスになるのか、リサーチしました。

高反発マットレスの特徴!そもそも寝返りの必要性とは?

人が就寝中に打つといわれる寝返りの数は数十回と非常に多いと言われています。少ない人でも全く寝返りを打たないという人はいないでしょう。
寝返りは、体を楽にするために行われるものですから、就寝中に一点に圧がかかるという状態を避けるために行われています。圧がかかると腰痛や床ずれの原因となることは周知されています。
就寝中といえども、私たちはできるだけ筋肉の緊張感を取り除いて、睡眠に入る性質があるんですね。

寝返りの打ちやすいマットレス
人が就寝中に打つ寝返りは人間の性質上、大人になっても必要性があるということはわかりましたね。
できるだけ寝返りの打ちやすいマットレスというと、誰もが日本のお布団やホテルのマットレスを思い起こすことでしょう。国内外問わずホテルにて採用されているベットのメーカーといえば「フランスベット、シモンズ、シーリー」など、そうそうたる老舗メーカーが揃いますが、これらのマットレスには一貫した特性が備わっています。

初めて利用しても心地よいと感じるマットレスの特徴には、体圧分散という目的でマットレスが設計されています。
例えば、ポケットコイル式をはじめとして人が横になった時に体の圧がマットレスに吸収されて、分散されるという仕組みです。低反発、高反発、と分類にかかわらず、体圧分散を意図した構造になっており、長時間の就寝中でも体の痛みが発生しにくい、腰痛や関節痛の予防、肩こりの予防などの効果も期待することができるのです。
ホテルのベットでは寝返りすら打たなくても朝方までぐっすりと安眠できたという経験がある人も多ことでしょう。

家庭で使用するなら最近流行の高反発マットレス、昔流行した低反発マットレスが買い求めやすいですが、昔の和式敷布団もなかなか寝返りが打ちやすいことも知っておくと良いですよ。全てのマットレスや和式布団に共通することは、硬さ、弾力性といえますね。
マットレスの硬さが心地よいかどうかで決めるといいでしょう。

“マットレスにこだわる人に朗報。寝返りのしやすさと寝返りの軽減が可能になるテンピュールマットレスの魅力とは?

今まで寝返りの打ちやすさばかりに着目してマットレスを選んでいた人も多いことでしょう。
低反発、高反発、そしてテンピュールマットレスという種類まで登場したマットレス業界。テンピュールマットレスは他のマットレスよりも優れているの?という疑問を解消するためにテンピュールマットレスの特徴をまとめてみました。

テンピュールの高反発マットレスはどうなの?

テンピュール クッションなどでおなじみの素材ですが、手触りが独特です。
初めてテンピュール素材に触れると、つかみどころのない不思議な手触りに驚くことでしょう。さわさわして柔らかい感触が特徴です。

高反発マットレスの効果は様々なサイトでも評価されています。高反発マットレスのabcでは下記のように記されています。

睡眠は誰もが行う活動で、脳の記憶を整理整頓したり、血液循環を整えたりする重要なものです。

良い睡眠をとると体はスッキリとしますが、悪い睡眠だと疲労や倦怠感に襲われます。

良い睡眠を取るためには、眠っているときの姿勢が重要であり、姿勢を支えるのがマットレスなのです。

寝かたは個人によって異なりますが、良い姿勢とは横になったときに背骨が真っすぐになるもの。

柔らかいマットレスでは体が沈みすぎて背骨が曲がってしまう、固すぎるものでは体圧で体が痛くなってしまう。

反発力のある高反発マットレスは、身体が沈みすぎず、固すぎずで理想の睡眠姿勢を実現できます。
出典サイト:高反発マットレスのABC-寝具のプロが教える人気の高反発マットレス

ここから、高反発マットレスの実力とその効果が分かるでしょう。

テンピュールマットレスの魅力 機能性
テンピュールマットレスを採用している人は、他のマットレスを採用している人よりも安眠できるという資料もあります。安眠の目安となるマットレスの条件をピックアップしました。

その1 柔軟性とサポート力
マットレスのサポート力と柔らかさを比較した場合、ウレタン素材の低反発と高反発よりも優れています。
その2 耐久性
人気の高反発ウレタンと比較して同様の耐久性が期待できます。

テンピュールマットレスの魅力 寝返りの打ちやすさと寝返り軽減
安眠の目安となる寝返りの打ちやすさですが、テンピュールマットレスにおいてはどのようなものでしょうか?
そもそもテンピュール素材とは、横になった人の重力の体圧に準じて空気を含む構造のものですが、マットレスの構造上ではマットボトムに該当するベースがテンピュール素材を支持していきます。すなわちテンピュールマットレスでは、寝返りの打ちやすさよりも寝返りの必要性がないくらいに体圧分散を可能にしてくれるのです。
寝返りの際に、掛け布団が落ちる、隙間風が入る、というような不具合で目が覚めて不快になることも防ぐことが期待できます。そして寝返りの軽減も可能になります。

テンピュール高反発マットレスの魅力 振動の抑止力

マットレスにペットが乗ったとき、ダブルベットで添い寝をしたときなど、他の生体の影響を受けずに安眠することが可能になります。
それは、テンピュール素材の体圧軽減という機能が可能にします。寝返りの軽減にも通じており、本来なら寝返りの少ないほど熟睡しやすいのですから、このような機能は安眠に通じるといえます。

テンピュールの素材によって、寝返りの軽減が安眠につながるという新たな概念が広まるようになりました。
あの素材感が苦手という人も一度安眠のためにお試しされてはいかがでしょうか

洗えるマットレス、エアヴィーヴの特徴と魅力

より良い睡眠時間を得るため、快眠のためには努力を惜しまないという人のために、おすすめする「エアヴィーヴ」

その特性と魅力をまとめてみました。

エアヴィーヴの特徴 体圧分散

今注目されている体圧分散という言葉、人が就寝中にベットマットレスにかける重力を体圧と表現しています。
体圧をマットレスに分散させる作用によって、就寝中の人への負担を軽減させるという意味で使われているのです。

高反発ウレタン、低反発ウレタン、テンピュール素材、そして各メーカーのコイル式、連結式ごとに体圧分散の仕組みは多様性が見られます。
エアヴィーヴの体圧分散の仕組みは、重力に応じた復元性の高さといえます。
指でマットレスを押してみると、跳ね返りが見られます。このような跳ね返りの良さを復元性と表現しています。

反発すると表現される製品も同じようなものです。
三次元構造のエアヴィーヴではウレタン素材よりも重力に対する反発の感度が高く、頭部、肩、腰、脚という各部位に対する圧を分散させてくれます。

エアヴィーヴの特性 通気性の良さ
マットレスのお悩みで多い、カビのお手入れですが、エアヴィーヴはクリアしている製品です。

一年を通して使用するマットレスですので、夏期には蒸れることもない通気性の良さ、冬には蒸れの予防になる素材です。
例えば、三次元構造が通気性も良さを発揮させます。断熱素材が蒸れも抑止させます。夏に使用すると、暖かく利用することができて、冬に使用すると涼しく利用することが可能になるのです。

そもそも、エアヴィーヴの素材とは?
マットレスの素材エアファイバーは、水中に樹脂を流し込んで編み込まれていますから、三次元構造の繊維といえます。
実はこのマットレスの中身の素材はお洗濯することが可能です。どうしてもお洗濯したいときは、40度以下のお湯で流し洗いして、陰干しすると清潔に保つこともできます。

カビ、ムレ、に対応の策が見当たらず、困っていたというマットレスファンに朗報です。人が汗をかく量は夏以外でも大量に認められています。一晩でコップ一杯と言われていますが、じわじわと湿度を吸い込んでいるマットレス、決して衛生的とはいえませんから洗えるマットレスは重宝しそうです。

まとめ

マットレス業界、マットレスにこだわる人に朗報、エアヴィーヴはマットレスや敷布団の上から敷いておくだけで新しい寝心地を得られるマットレスです。
自宅用高反発マットレスでは、持ち運びに簡単で既存のマットレスから買い換える必要もなく、気軽にお試しが可能なマットレスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です